psyche style

GAMEを中心に、好き~な事をを書き綴るブログ
0

【Minecraft】 Minecraft 1.6.4 MOD導入 (新ランチャー・Forge・OptiFine)

管理人が前回遊んでいたMinecraftのバージョンは1.4.6でした。今回は、導入予定のMODが対応済みのバージョン 1.6.4 で遊んでいこうと思います。

 

久しぶりのMOD導入なので、自分の覚書ということも踏まえて、MOD導入から起動までを記事にしたいと思います。

 

まず驚いたのが、Minecraft自体 新ランチャーが搭載されていて様々なバージョンのMinecraftが、別々のフォルダーで導入出来て共存できるという事。以前ですと、フォルダーをコピーして保存しておいて別のバージョンを試したい時などは、保存しておいたフォルダーを上書きするなどしてましたが、楽になりましたね~。

これで、以前遊んでた 1.2.3バージョンと1.4.6バージョンも遊べちゃうわけですよ! 後でやってみよ!

 

1. Minecraftのインストール

公式ホームページ  に自分のアカウントでログインし、 「Download 」 より minecraft.exe をダウンロード。

 

MC_INST_01

 

ダウンロードした minecraft.exe をクリックしてインストール。しばらくすると下記の画面。

 

MC_INST_02

 

左下の 「 New Profile 」 をクリックして、バージョン1.6.4環境のProfile を作成します。

 

MC_INST_03

 

Profile Name : 環境(バージョン)がわかるような名前を任意でつけます。

Launcher Visibillty : チェックを入れ、Keep the launcher open を選択。 「Play 」で起動後もランチャーが

残るため、MODの起動状況等がコンソール画面で見れるので便利です。

Use version             : 今回は 1.6.4 で遊びますので、Release 1.6.4 を選択。

 

ここまで設定できたら、右下の Save Profile をクリックしてProfileを保存します。

すると表示されたランチャーのメイン画面で、左下の Profile に先ほど作成した MC_1_6_4 が選択できるようになります。その Profile を選択して Play をクリックしてください。

 

MC_INST_04

 

Minecraftのメインメニューが表示されればOKなので、Quit Game でいったん終了します。

 

MC_INST_09

 

2. Minecraft Forge の導入

つぎに今となってはMOD入れるうえで必須のMOD(前提MODと呼ばれます)である Minecraft Forge を導入します。 コチラ からダウンロードします。

 

MC_INST_06

 

Select Minecraft Version を 1.6.4 にして、表示された中から最新のファイルの Installer をクリック。MODによっ ては、「このバージョンのForgeを使ってね!」というのもありますが、まぁ1.6.4用のForgeならば上記の

9.11.1.965  ( 11/21/2013 02:31:00PM ) でよいと思われます。クリックするとダウンロードサイトが表示されますが、右上の数字が0になるまで待って、「SKIP AD 」 が表示されたらクリックしダウンロードします。

 

以前だと、minecraft Forge の導入は、minecraft.jar を開いてコピペしてMETA-INFフォルダを削除してと色いろ面倒でしたが、今やインストーラがあり楽ちんです。ダウンロードした forge-1.6.4-9.11.1.965-installer.jar をクリックしてインストーラを起動してください。

 

インストーラーが起動せず、なんかファイル見えちゃうよ!って方は、圧縮ファイル解凍ソフトなどと .jar がリンクされてるとおもいますので、forge-1.6.4-9.11.1.965-installer.jar を右クリック→プログラムから開く→Java(TM) PlatForm SE Binary で起動するはずです。

インストーラー起動すると黒いウィンドウが表示されて、すぐ消えて進まないよ!って方は、Javaのバージョンを最新(リンク)にしてください。また64bit OSの方は64bit Javaにしてください。それで解消できるはずです。

 

MC_INST_08

 

無事起動したら、Install client にチェックがついていることを確認して、OK ボタンをクリック。自動で必要なファイルをダウンロードしてインストールされます。下記のウィンドウが表示されれば導入完了です。

 

image

 

再び、Minecraftランチャーに戻ります。

New Profile をクリックし、本チャンのProfileを作成します。

MC_INST_10

 

Profile Name : Minecraft Forge 導入済みとわかる名前にしてます。

Game Directory : わかりやすフォルダーを指定するとMOD導入時に楽です。Profile Nameと同じにしてます

Launcher Visibillty : チェックを入れ、Keep the launcher open を選択。

Use version             : 選択の一番下に Release 1.6.4-Forge9.11.965 があると思いますので、それを選択。

JVM Arguments     : チェックをいれ設定記述してます。 こちらはPCの環境によりますので、各自の環境に

応じて値を記述してください。わからなければチェックなしOKです。

 

Save Profile をクリックして、新しいProfile を保存して完了です。

 

3. Minecraft の起動

まずは、新しいProfile で起動(Playクリック)してみてください。

 

MC_INST_11

 

起動すると、左下にMCP , FML , Minecraft Forge の 3mod 導入されたよ!ってメッセージがあれば導入成功です。また、管理人の例だと、「C:¥Minecraft」 に 1_6_4_Forge というフォルダーが作成されているはずです。

 

ここまで導入できれば、次からは自分好みのMODを上記のフォルダー(例だと C:\Minecraft\1_6_4_Forge)の下にMODSというフォルダーがありますので、そこに入れて起動。メイン画面が表示されたら、次のMODって感じで導入していきます。 このあたりも、だいぶ楽になったんですね~。

 

4. OptiFine の導入

それでは、1つMODを入れてみましょう。

OptiFine は様々な設定をすることで、負荷軽減・FPS向上を図るソフトになります。また、テクスチャ(Minecraft 内の各部品(ブロック)のモデル)を標準のものからHDテクスチャにするためにも必須MODとなります。管理人もテクスチャはお気に入りがあるため、テクスチャの高解像度版導入の為に入れてます。コチラ よりダウンロードします。

1.6.4用でも色いろ種類ありますが、それなりのPCであるならば、ULTRAの最新でいいと思われます。

 

MC_INST_12

 

ダウンロードしたのは、OptiFine_1.6.4_HD_U_D1.jar このファイルを Forge導入時に作成したフォルダ下にmodsフォルダがありますので、そこに先ほどダウンロードしたファイルをコピーします。そしてminecraft を起動。

 

MC_INST_13

 

起動の際は、ランチャーの「Development Console タブ」 をクリックしておくと、各種処理の履歴が表示されます。見てもわからない事だらけかもしれませんが、MOD導入時の不具合の原因やテクスチャが変な時など、原因を突き止める判断材料になりますので、MOD導入時は表示しておくといいと思います。

 

MC_INST_14

 

メイン画面が表示されて、左下にOptiFine が導入されたメッセージが出てます。一応Options..... ボタンをクリックして Video Setting (ビデオ設定) に表示される項目が増えていれば導入成功です。

 

MC_INST_15

 

自分のメモ的な意味合いもあるため、長々とした記事になってしまいったことご了承ください。

次回はその他のMOD入れていきます。










該当の記事は見つかりませんでした。