FC2ブログ

psyche style

GAMEを中心に、好き~な事をを書き綴るブログ
0

【Minecraft】 1.7.10 gregtech5u  ~ 電気時代(LV)の幕開け ~

本日も Gregtech5u を進めていきます。

今回はついに電気時代に突入です!
電気は蒸気でタービンを回して発電するため、まずは 蒸気発電機(SteamTurbin)を作成し、蒸気機械たちの蒸気配管に設置。ついに発電の開始です。


GT5u_76.jpg

GT5u_80.jpg


つぎに作成するのが金属加工機(Bending Machine) です。今までインゴット二つから1枚のプレートを作成していましたが、この機械でインゴット1つで1枚作成されます。やったね!


GT5u_81.jpg


発電が可能になったため、いよいよ Applied Energistics 2 の倉庫も作成します。まず 電解槽(Electrolyzer) を作成して、ケルタスクォーツ鉱石(Certus Quartz Ore) を charged Certus Quartz にします。


GT5u_91.jpg


近くの隕石から SkyStone を取ってきて、AE2の基本機械を作成しAE2倉庫を設置しました。前にバレルに保管してたアイテムは、AE2のネットワークを接続することによって、出し入れが可能となります。
これでクラフトも格段に楽になりました!


GT5u_94.jpg

GT5u_99.jpg


さて、どんどんいきますよー
次に搬入出の改善。 今回は LogisticsPipes というMod を使用して、機械類の搬入出を行います。

搬入は、リクエストパイプに精錬したい材料をリクエスト → ホッパー → 機械、搬出は ホッパー → 排出パイプで AE2倉庫に自動で行います。
またコークス炉も増設し、アイテム及び液体の搬出入もLogiパイプで自動で機能するように配管。


GT5u_98.jpg


GT5u_97.jpg


新たな施設も建築。
LVケーブルの被覆には黒カーペットが必要な為、黒羊毛が沢山必要です。ということで、食糧確保用の牛小屋と、羊毛確保用の羊小屋を建築。画像では中が見えませんが、施設の2階には鶏小屋も設置し、漆黒のホッパー(ドロップアイテムの範囲回収。Iron Chaine2 というMod)をつかって卵も集めてたりします。


GT5u_110.jpg


次になにかと要求が高いエンダーパールを集めるために、トラップタワーの建設です。
今回採用するトラップタワーは、エンダーマン対応の溶岩パイプ殺の天空24-32方式にしました。今のところ経験値もいりませんしね。

最下部はSteelパイプを張り巡らし、溶岩を注入。沸き層は蜘蛛除外のエンダーマン対応の為に高さ3マスで3層としてます。アイテムの回収は漆黒のホッパーで回収して、エンダーチェスト(EnderStorage というMod) で拠点まで輸送してます。ランダムウォークの為効率は良くありませんが、しっかりエンダーパールも集まるしホクホクです。


GT5u_113.jpg

GT5u_120.jpg

GT5u_121.jpg


そんなこんなしている間に材料も色々あつまり、いよいよ電気高炉(Electric Blast Furnace) の制作に入ります。
電気高炉はGregtechの終盤までメインで稼働する高炉になります。
高炉のコイル(7種類)によって耐熱温度が異なり、精錬できるものが増えていきます。

まずは最初のコイル Cupronickel を使っての高炉です。
この高炉、電源はMV電源である128V以上なのですが、LV用のエネルギーハッチ(32V)4つをつけて128Vにして動作させてます。


GT5u_101.jpg


Gregtech の大型マシンはだいたいメンテナンスが必要です。初回稼働時にはメンテナンスハッチに各種工具で故障個所を直さないと起動すらできません。また、稼働後も時たま故障するので、その都度直さないといけません。
以前はメンテナンスハッチにダクトテープを張って修理していたのですが、unofficial版からは半田ごて実装により工具で修理ができるようになりました。(=面倒くさくなった笑)
また、半田ごてには当然、半田も必要になりました。(=めんd・・)

GT5u_106.jpg


各種工具と半田ごてを使って修理して、無事起動!! ここまで来るのは長かった・・・・感無量

無事電気高炉が稼働しましたので、MV時代のメイン素材であるアルミニウムを精錬してアルミニウムインゴットを作成。まぁ精錬するのに時間かかりますが、これにてMV時代の幕開けとなります。


GT5u_109.jpg


今回は以上でおしまい。

次回はMV時代突入で電力が蒸気だけでは足りない為、新たな発電設備の制作となります。











0

【Minecraft】 1.7.10 gregtech5u  ~ 高炉による鋼鉄の作成 ~

それでは本日もgregtech5uを進めていきましょう!

今回はこれから長い事お世話になる高炉を作成します。

序盤の機械類のメイン素材はSteel(鋼鉄)です。Steel は Iron(鉄)を高炉で精錬して作成します。大量に必要になる重要素材です。
以前はブロンズ製の高炉しかありませんでしたが、現在はレンガ製高炉もあるとのことで、そちらを作成。
鉱石堀りで、拠点を離れることも多いのでチャンクローダーも設置。ダイヤ鉱脈見つけてて本当に良かった。


GT5u_59.jpg


この高炉ですが、素材の Iron を Steel に精錬する為に燃料が必要になります。使用できる燃料のうち序盤で手に入りやすいのが木炭なのですが、Gregtechの環境下では、バニラのように木をかまどで精錬しても木炭は出来ません。

そこで、これも以前は無かった木炭釜(Charcoal Pit)を作成して木炭を生産します。
レンガの土台に廻りを土ブロックで囲んで、その中にびっしりと木を設置します。


GT5u_47.jpg


木をまんべんなく敷き詰めたら、上部に Charcoal Pit を設置するとリソース無しに動作します。しばらくすると停止するので、中を見ると先ほど敷き詰めた木が 脆い炭(Brittle Charcoal)になっています。それを斧で破壊すると数個の木炭が得られる寸法です。

最大サイズの木炭釜(11 x 11)で900個ほどの木炭が得られました。


GT5u_50.jpg
GT5u_53.jpg


では得られた木炭を使って、早速 Steel の精錬です。この高炉は非常にゆっくりと Steel を作ります。完全自動化も難しいため燃料や素材の搬入は手動で行います。


GT5u_60.jpg


Steel を作成している間は、洞窟探索したり、新たな鉱脈探しに勤しみます。また、ネザー探索も早々に開始しました。
しかし、Steel 作成にあまりにも時間がかかるため、レンガ高炉をもう一台設置。近くの水辺の粘土が枯渇しました笑

Gregtechの大型機械類は、だいたい筐体を共有できるのでSSのように共有すれば必要素材が少なくなってお得です。


GT5u_87.jpg


高炉の奥に設置してあるのは、Railcraft というModのコークス炉です。
このコークス炉は木をこの炉に入れると木炭とクレオソート油をリソース無しで非常にゆっくりと生成してくれます。木の搬入はバレル(Jabbaというmod)にて行い、木炭の搬出はホッパー → チェスト クレオソート油は液体ホッパ- → 1tタンクにて行ってます。

Steel 精錬待ちの間に、Silver(銀)鉱脈からSilverを多めに掘ってきてソーラボイラーを増設。蒸気生産量も増えた為、今まで1tタンクで貯めていた蒸気を、別modのタンクに移します。

このタンクは Pressure Pipes というModのタンクになります。こちらもお気に入りのModで、大型タンクや高速液体ポンプ、パイプなどを追加するmodです。このModのHand Pumps と Canisters がまた素晴らしい。これから大活躍の予感です。
タンクの容量はたいして大きくありませんが(1tタンクが優秀過ぎる)、工業系には見た目というロマン要素も必要です笑 

新しいタンクに移行したついでに、蒸気機械たちもこちらに移設。休みなく働いてもらいます!


GT5u_88.jpg


蒸気機械たちの働きもあって、各種インゴットが溜まってきました。
今まで、チェストに保管してましたが、煩雑さが増してきたので整理することにしました。
そこで大活躍するのが Storage Drawers というバレルmod。 先ほど紹介したJabba と同じくバレルを追加するModですが、比較的容易に大容量化できたり、連続設置したバレルに一括保管できたりと後発のバレルmodであるがゆえ、かゆいところにお手軽に手が届く人気のModです。

このStorage Drawersのバレルを使って、倉庫を作成して各種鉱石や量の多い材料を保管し、数の少ない材料は大容量チェスト(Iron Chests というMod )に保管するようにしてみました。


GT5u_70.jpg


といったところで、今回はおしまい。

次回は徐々に溜まってきたSteel を使っての、電気時代(LV)の幕開けとなります。

0

【Minecraft】 1.7.10 gregtech5u  ~ 拠点選び ~

久しぶりのブログです。

毎年の事なのですが、XBOXでの大作が少ない春から秋にかけてはminecraftを遊ぶのが、自分的には定番になっており、この春からも色々なmodを入れたminecraftを遊んでおりました。

以前から大好きなmodであるgregtechは遊んでいたのですが、以前はまだ開発中だったこともあり仕様変更が多くて、ついていけない状態でした。しかし現在は開発も終わり、多少のバグはあるものの完成されたmodになったということで、今回は真剣に取り組んでいこうと遊び始めました。

だいぶ遡りつつの編集になりますが、gregtech5uを中心にした工業modのプレイ日記の始まり始まりです。



今回は負荷が増大するまで、影modを入れてみました。
その他modに関しては追々紹介していきます。



まずはスポーン。 おっいきなり村の側で、近くにはジャングルと砂漠のある平原にスポーンしましたね。
工業modを遊ぶ上では、なかなかの好条件な土地です!

GT5u_03.jpg

GT5u_06.jpg

ってことで、初期スポーンに近い場所に仮拠点を建てましょ~ っていつも仮拠点と最初は思ってますが、本拠点になる事が多いですね。

大好きな建設ブロックmodである chisel を使って多少装飾しながらの拠点設置です。

GT5u_36.jpg
GT5u_37.jpg
GT5u_38.jpg

拠点設置後は近くの探索に。ジャングルや砂漠で寺院からお宝ゲットです!まずは幸先いい感じ!

GT5u_13.jpg
GT5u_15.jpg


拠点の側から鉱石探しをします。gregtech5uでは鉱石は3チャンク毎に生成されるため、鉱石群の中心チャンク(もっとも鉱石が集中しているチャンク)から3チャンク事に2マス直下堀りで鉱脈を探します。

早速見つかったのが、クォーツ鉱脈 (Quartz) ですね。定番の倉庫modにして、gregtechではほぼ必須modである Applied Energistics 2 の大事な鉱石が含まれるので、探していた鉱脈の一つなのでラッキーです。(ここで Texture を変更しました)

GT5u_78.jpg


クォーツの他にも重要なIron、Tin、copper、Diamond、RedStoneの鉱脈も見つけたところで、工業化のスタートである蒸気で動く機械類の作成に入ります。
まずは蒸気発生器の作成です。水を搬入するだけで蒸気を生んでくれるソーラボイラーを作成して屋上に設置。作成に必要な銀が足りなくて4台しかありませんが、なんとかなるでしょ。

水は無限水源を作って、液体ホッパ―(FluidityFoodstuffs というmod )を介して木パイプにて各ボイラーに送ってます。

GT5u_54.jpg
GT5u_55.jpg

ソーラボイラで発生させた蒸気は、1tタンク(これも FluidityFoodstuffs というmod )に貯めつつ蒸気機械たちに搬入してます。
蒸気機械はとりあえず、ハンマー、粉砕機、圧縮機、抽出機、合金かまどを作成しました。搬出入にはホッパーを使いチェストも置いて、ある程度自動化して掘ってきた鉱石類をガンガン精錬します。

GT5u_58.jpg

といったところで今回は終了。

gregtechの序盤を乗り切るための重要鉱脈が比較的簡単に見つかったのがすごくラッキーでした。Tin鉱脈なんて見つからないときは見つからないものですもんね。

では、次回は高炉を作って、Steel の量産を目指しましょう~。





0

【GTASC2015】 終了!

少々遅くなりましたが、2016年あけましておめでとうございます!
「年末年始メモ」になりつつあるこのブログともども、今年もよろしくお願いします。

2015_TA 

TrueAchievements集計   による、2015年のスタッツの最終結果はこんな具合になりました。
「ゲーム開始が366本、プレイしたゲームが448本、実績コンプしたゲームが62本」ってあたりが私のプレイスタイルを如実に表している…

2

【XBOX】 Dead Space 2 (実績コンプ)

  
DeadSpace2_01  
DEAD SPACE 2

発売日北米 2011年01月25日 欧州 2011年01月26日日本 未発売
開 発 EA Redwood Shores
販 売 Electronic Arts
実 績 項目数 50 + 8 (ドイツ版 50)  総ポイント 1250 (ドイツ版1000)
難易度 wiki ★★★☆☆ : 360a  7/10 : TA

NTSC-J NTSC     PAL  
日本本体〇
北米本体〇
欧州本体〇


帰ってきたアイザック! 前作の終わりがアレだったのでストーリーが気になります。